ATOnline
ソフトウェア 購入方法 サポート ATOnline

Liveo U3スマートドライブ対応版について

Liveoのバージョン2.3よりU3スマートドライブに対応したバージョンをリリースいたしました。
LiveoをU3スマートドライブにセットアップし、持ち歩くことで、自宅・会社・学校・ネットカフェなど、USBポートのあるパソコンがあれば、どこででも日記やメモを更新することが可能になります。
U3対応のLiveoのダウンロードは、Liveoのページより「U3対応版インストーラ」を選択してください。ファイル名は「liveo.u3p」です。

U3へのLiveoのインストール

U3スマートドライブを挿入するとU3のランチパッドが起動します。
U3ランチパッドから"プログラムの追加 -> マイコンピュータからインストール"を選び、保存した liveo.u3p ファイルを指定します。
インストール後はランチパッドよりLiveoを起動できます。

作業フォルダについて

Liveoのデータを保存する作業フォルダは、自動的にU3内の「 Documents \ Liveo 」フォルダに作成されます。
既存の作業フォルダを移動・コピーするには、作業フォルダ全体を入れ替えてください。一部のファイルを入れても正しく動作しません。

U3についてもっと詳しく知りたい方は

http://www.sandisk.co.jp/tk_u3_micro.html

[2006.12.01]